2017年7月6日更新

超絶つまらなくて逆にちょっと観てみたい・・!超Z級映画まとめ5選!

女子高生チェーンソー

世にある数々の名作の裏に潜む、B級・C級・D級の比にもならないほどくだらないZ級映画。カネを返せ!と叫ばれ、期待を裏切り、超くだらなくてつまらない、でもそこまで言われるなら逆にちょっと観てみたい、そんなZ級映画でも有名なものをまとめてみました!これを押さえておけばZ級マニアに一歩近づく?もし観てみようと思ったあなた、色んな意味で覚悟して挑みましょう。

Z級といえばこれ!Z級愛好家界隈では超常識の作品らしいです・・。観覧注意!!

Uhyo_Umyomyo
Uhyo_Umyomyo 0.5

二人目が踊り始めた時点でいろいろな覚悟をきめるよねー。 最後までみるとなにかを成し遂げた感じが、しないよねー。 まあ無駄なんだけどこういう無駄もあっても、いいよねー。 ていうか判断できないんだけど、この映画を観た経験て自分にとってどういう意味合いを持つんだろうか悩むよねー

こちらもあまりのくだらなさゆえに有名な作品。続編やリメイクもあるとかないとか

southpumpkin
southpumpkin 1

いやこれもうしょうがないですよね。トマトが人を殺す大事件を壮大なスケールで描いたくだらない映画。 意外と深いテーマが…みたいなレビューもありますが、どう頭をひねってもダメです。この映画のすごいのが、最低の映画を作ろうと思ったらなんと本当に最低の映画ができちゃった!という映画。トマトが鳴く、という事象が当然のようにまかり通り、気づけば犬はなんの脈略もなくしゃべりだします。そんなことあるわけないだろ!が飽和してきて判定が疲れてきます。価値観をひっくり返された人がこの映画をカルト認定したんだろうなあ。いきなりミュージカルになったりもします。カーチェイスシーンが楽しそうで好きです。 バカバカしいタイプの超低級映画だと言えますが、こういう映画ってハマらないととことんハマらないので個人的には友達と一緒に見るにはおすすめしません。

あれ?チェーンソーこれだけ?ある意味ここまでくだらなくできるのはすごい!

movhao
movhao 1.5

最高にファンタスティックな映画 原題は『Scream Bloody Murder』 チェーンソーは勝手に名付けられたものです。 一応ほんの少しだけ出てきます。 とにかくメチャクチャなストーリー展開がこの映画の持ち味。 この手の作品によくあるポンコツ演出と相まって、大変な事になってますね。 そして何よりの見所はラストです。 「えぇ…」って感じです。唖然呆然、開いた口がふさがらないでしょう。 ED曲は普通に良かったです。

史上最低の監督と言われるエド・ウッドの作品。一部では非常に人気なんだとか?

Keimiyazato
Keimiyazato 1

これは凄い!何が凄いって ゴードンだとかワイルダーの兄貴のポンコツ作品が名作に思える程凄く酷い、あれをコックピットと言い張る度胸はどこから来るんだろ?最後に燃えながら飛び去るUFOはパチパチと木材が燃える効果音だし(;o;)こんなに見処の無い映画も珍しい。

ナムコ×トロマの(ある意味)伝説的作品!!カブキマーンサーンジョウ!

southpumpkin
southpumpkin 4

トロマ映画はほとんどの作品がyoutubeで公式公開されており、今作もその一つ。「悪魔の毒々モンスター」で知られるロイド・カウフマン監督による今作は相変わらずのクソ映画です。しかもカブキマン、というだけあり歪曲された日本を前面に押し出しています。しかしひどいものかと思えばそれほどでもなく、ロイド・カウフマン自身が悪魔の毒々シリーズでも東京へ行ったように、日本に対しての興味がものすごく日本人が観てもジョークとして通じるネタなどもあります。決め台詞が日本語で「カブキマン、参上〜」なので、クスリとなります。 映画自体は日本の安いヒーローもののようなテンションで、構造も悪魔の毒々シリーズと同じです。(ところでカブキマンは悪魔の毒々シリーズ4作目にも登場します)。相変わらずエログロナンセンスも盛んで、見る人の不快感を以下に煽るかが徹底的に追求されています。この映画で最初に死ぬのが何の罪もない子どもだったりと、本当に酷いです。酷いですが、やっぱりそこがロイド・カウフマンでありトロマ映画なのですね。