2017年7月6日更新

【観覧注意】映画史に残るもっとも物議をかもした映画8選!

時計仕掛けのオレンジ

映画というひとつのフィルム作品は、稀に強烈な稀代の申し子を生み出しその強いメッセージ性や衝撃的な内容で物議をかもしだすことが多々あります。古くは白黒映画からここ最近の映画まで、そんな問題作を集めました。

目次

映画史に残る物議を醸した映画を紹介!

撮影後にフィルム盗難・監督の殺人という事件まで起こした問題作『ソドムの市』、暴力性と残虐性に満ちた『時計じかけのオレンジ』、ブッシュ政権への痛烈な批判を描いた『華氏911』、見世物小屋や本物の不具者を起用したことで問題となった『フリークス』、キリストへの拷問を描いた『パッション』、歴史湾曲の可能性があると指摘された『JFK』、人種差別問題があると言われた『ディア・ハンター』、『ドゥ・ザ・ライト・シング』まで。 問題となった映画を観て、一緒に考えみるのもひとつの観方です。

暴力・猟奇・強姦などの過激表現で社会的問題となった作品。『雨に唄えば』がトラウマになったという人も……。

southpumpkin
southpumpkin 4.5

悪ガキがヘンテコな近未来社会の中で右往左往する話。 なるほど、これはめちゃ面白い映画です。 映像は時代を全く感じさせることがなく、美しい色使いとカメラワークが超前衛的でスタイリッシュです。僕は特に街で悪さをしてた時のシーンが良かった。ちょっとした暴力とつまんねえエロインテリアが、こちょこちょと観る人の倫理観を擽り、新鮮な感覚を与えてくれます。 実はこの映画、イギリス文学史に名を刻む有名な小説が原作。大学の講義で小説と同時に映画もおすすめされたのを覚えています。講義を真面目に受けていた僕は若干の時代背景も頭に入っていたので、それと同時に楽しめました。 ところで発行当時の小説版でもこの映画版でも最終章が削除されているらしいですね。あるのと無いのとではちょっと違ったテイストになっているとか。

猟奇・スカトロ・性暴力などで問題になった一作。監督はこの映画を撮った後で謎めいた殺人により死去しており、それが更に話題となった。

tetsuaki
tetsuaki 0

原作はマルキ・ド・サドの「ソドムの120日」 奇才パゾリーニの遺作。本作撮影直後、轢死体で発見される。 芸術作品なのか?映像文学なのか??ただのエログロスカトロ変態映画なのか??? まだまだ未熟者の私には評価(★)できない作品。 すっごいぞ!!!

キリストの最期を描いた作品だが、過激な拷問描写によりショックを受けた女性が死亡するという事件も起こった。

Ken_Chang
Ken_Chang 4

キリストの受難を描いた非常にシリアスで際どい内容の映画です。 グロ描写は甘っちょろいほうでっせ、これは。 あの拷問してるおっちゃんたち、いいです!顔も笑い方もいいです!なんで助演男優賞じゃないのか? 全編アラム語?だったかヘブライ語だったかで俳優さんたちかなり大変だったと思いますが、メル・ギブソン先輩て変な人ですよね。いきなりこういうの撮りなさる。

マイケル・ムーア監督による同時多発テロとブッシュ政権への批判が込められた社会派ドキュメンタリー。世界規模の賛否両論を巻き起こした。

Ken_Chang
Ken_Chang 5

視点は多角的に、この映画が視点の一つであることをよく理解しないといけない

見世物小屋を舞台に、身体的不具者を正面から起用した映画。出演しているのは本物の奇形者や障害者であり、当時は大々的な物議が沸いた。

tmmyon
tmmyon 4

フリークスが多く集まるサーカス。大人だけど体の小さいハンスとフリーダは婚約していたのだけど、美女クレオパトラがハンスの遺産目当てでハンスに近寄り、結婚してしまう。しかし、命が狙われてるとわかったハンスとフリークスの仲間たちは…というサスペンス?めいたお話。 この映画はどうやら曰くつきらしい。 確かに私達はメディアを通してでも身体障害者のことを認識しているけれど、当時はそれこそ見世物としてでしか出回っていなかったのだろうから、いきなり映画を見た人は驚いて嫌悪したというのも無理はないのかな…イギリスでは30年も公開禁止になったそう。 だけど、トッド・ブラウニング自身が見世物屋出身なためか、『エレファントマン』みたいな「外見で人を判断する冷酷な自分に対する批判」というよりかは、「フリークスをなめんなよ!」みたいな心意気が感じられて励まされた。監督のフリークスに対するリスペクト面が表されているんだろうな…

人種問題、人権問題を沸き起こした映画であり、後のロス暴動を誘発したとも言われている。

eigamirudesu
eigamirudesu 4.5

赤っぽい映像、音楽とかセンスが良い雰囲気! 後半につれ空気が変わりゆくストーリーも面白いです。 最近は議論が活発になってきていますが、日本に住んでるとアメリカほど馴染みない人種問題について考えるきっかけになる映画だと思います。

ケネディ大統領暗殺についてを取り扱った映画で、クレイ・ショー裁判の捜査を題材としている。歴史歪曲の可能性があるとして物議をかもした。

tromboy18
tromboy18 4.5

WHAT IS PAST IS PROLOGUE“過去の出来事はプロローグである” 206分という大作でしたが見ごたえあり!ラストの法廷シーンは台詞の一言一言に重みがあります。エンドロールの「この作品を真実を探求する若者にささげる」には鳥肌。

ベトナム戦争や戦争帰還兵の心の傷を描いた作品ではあるが、ベトナム兵の描き方が人種差別に当たるとの問題を巻き起こした。

Ken_Chang
Ken_Chang 5

若く、仲の良かった友達どうしがベトナム戦争で深く傷つき、運命を大きく狂わせます これもまた名演技がとにかく光る映画です じっくりと、深く、瞳孔の奥にまでも滾らせた苦しみ、悲しみを感じさせます あぁ、ジョン・カザールorz