【映画を学ぶ】超簡略映画史!フィルム・ムーヴメント22選

2017年7月6日更新

現在公開されている映画は様々な過去の映画の影響を受け作られています。1890年代に映画が誕生して以来、国の情勢や地域のよって様々な映画のトレンドや技術が生まれ継承されて来ました。今回は映画史に残るムーヴメント22選を紹介します。

フランス印象派(1918-1930)

フランス印象派代表的な監督:アベル・ガンス、ルイ・デリュック、ジェルメール・デュラック フランス印象派代表的な作品:『狂熱』『微笑むブーデ婦人』『ナポレオン』 フランス印象派の映画監督たちは多くの芸術的新手法(アベル・ガンスは『ナポレオン』でワイドスクリーンカメラを使用など)を1920年代のサイレント映画ブーム時に取り入れ、その後の映画界に大きな影響を与えました。

ドイツ表現主義(1919-1926)

ドイツ表現主義代表する監督:フリッツ・ラング、F.W.ムルナウ ドイツ表現主義代表する作品: 『ドクトル・マブゼ』『吸血鬼ノスフェラタトゥ』 1920年代のドイツは戦争の余波により、コメディなどを作るムードの情勢ではありませんでした。そのため当時の映画作家たちは人間の狂気や恐怖をテーマにした作品を多く撮りました。表現主義はその後の<a href="http://ciatr.jp/topics/680">ホラー映画</a>やフィルムノワールなどに多大な影響を与えています。

ソヴィエト・モンタージュ (1924-1935)

ソヴィエト・モンタージュを代表する監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン ソヴィエト・モンタージュを代表する作品:『ストライキ』 例え、1920年代のロシア映画を鑑賞したことがなくとも、モンタージュという言葉は有名ですね。ロシアのクレショフ監督はカットの間に映像を差し込むことで効果的なシーンとする編集技法を開発しました。

ドキュメンタリー・ムーブメント(1929-1950)

ドキュメンタリー映画・ムーブメントを代表する監督:ジョングリアスン ドキュメンタリー映画・ムーブメントを代表する作品:『流網船』 イギリスの映画監督:ジョン・・グリアスンなどを筆頭に社会を変えるツールとして映画を製作し、ドキュメンタリームーヴメントが興りました。現代のドキュメンタリーという言葉の発祥となった言われる運動です!

詩的リアリズム(1930-1939)

詩的リアリズム・代表的監督:マルセル・カルネ、ジャン・ルノアール、ジャン・グレミヨン 詩的リアリズム・代表的作品:『霧の波止場』『大いなる幻影』『父帰らず』 詩的リアリズムはフランスの歴史の不名誉な歴史から生まれた輝かしいフランス映画の時代でした。宿命論的テーマとした作品が多いのも特徴で数多くの才能ある作家、セットデザイナー、作曲家、俳優に駆り立てられ興ったムーヴメント!

イタリア・ネオリアリズム(1942-1951)

イタリア・ネオリアリズム・代表監督:ルキノ・ヴィスコンティ、ロベルト・ロッシリー二、ヴィットリシオ・デ・シーカ イタリア・ネオリアリズム・代表作品:『揺れる大地』『無防備都市』『自転車泥棒』 イタリア・ネオリアリズムは戦争により必要な人材や機材が不足する中起こったムーブメント!イタリアの主要スタジオが爆撃されたため、当時の監督ロッシリー二などは路上で撮影を行い、素人を俳優として起用したり、街灯を照明として使用しました。このブームはファシズムが去った後も続き、社会を変えるツールの一端として機能したのです。

ポーリッシュ・スクール(1955-1963)

ポーリッシュ・スクール代表監督:アンジェイ・ワイダ ポーリッシュ・スクール代表作品:『灰とダイヤモンド』 1950年代後半、ポーランドの名門ウッチ映画大学から数多くの監督が輩出され、ムーヴメントを興しました。

フリー・シネマ(1956-1959)

フリー・シネマを代表する監督:リンゼイ・アンダーソン、ロレンツァ・マッツェティ フリー・シネマを代表する作品:『オー・ドリームランド』『トゥゲザー』 1950年代にイギリスで興ったドキュメンタリー映画のムーヴメント!テーマとしては労働者階級にフォーカスをしたものが多いいです。16mmの手持ちカメラなどで撮影し、製作費はあまりかけられませんでした。

ダイレクト・シネマ(1958-1962)

ダイレクト・シネマを代表する監督:ロバート・デュー ダイレクト・シネマを代表する作品:『プライマリー』 1950年代後半アメリカ、フォトジャーナリズムを映画に導入し、ドキュメンタリー作品を製作したダイレクト・シネマ!フランスやカナダでも似たようなムーヴメントが興りました。

ブリティッシュ・ニューウェイブ(1958-1963)

ブリティッシュ・ニューウェイブを代表する監督:トニー・リチャードソン、カレル・ライス ブリティッシュ・ニューウェイブを代表する作品:『怒りを込めて振り返れ』『土曜の夜と月曜の朝』 フリー・シネマと重なるように登場したブリティッシュ・ニューウェイブ!イギリスの監督ケン・ローチがブリティッシュ・ニューウェイブから登場した最後の名監督と言われています。

ヌーヴェルバーグ(1959-1964) 

ヌーヴェルバーグ・代表監督:ジャン・ルック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、エリック・ロメール ヌーヴェルバーグ・代表作品:『勝手にしやがれ』『大人は判ってくれない』『獅子座』 アメリカの監督ドン・シーゲルなどのハードボイルド作品を見て育ったフランスの若き監督たちが興した新しい波!彼らはそれまでの形式主義や伝統を嫌いました。代わりにジャンプカット、即興演出など数々の手法を取り入れ新しい時代を築きました。ヌーヴェルバーグはクエンティン・タランティーノなど数えきれない名監督の作品に多大な影響を与えています。

シネマ・ノーヴォ(1960-1972)

シネマ・ノーヴォ代表監督:ネルソン・ぺレイラ・ドス・サントス、グラウベル・ローシャ シネマ・ノーヴォ代表作品:『リオ40度』『黒い神と白い悪魔』 イタリアのネオリアリズム、フランスのヌーヴェルバーグの影響を受け、1960年代ブラジルで興ったシネマ・ノーヴォ!若い世代の監督たちは積極的に貧困や政府に対する不満をテーマとした作品を製作しました。彼らのスローガンは”手にカメラを、頭にアイデアを”